算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 - 多鹿秀継

算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 多鹿秀継

Add: izotes22 - Date: 2020-12-10 03:32:41 - Views: 1251 - Clicks: 8035

多鹿秀継, 中津楢男著. 算数問題解決過程の認知心理学的研究 定価:本体 9,000 円+税 小学生には解決が難しいとされる割合文章題の解決過程を4つの下位過程に分類し、認知心理学的アプローチにより、下位過程の一つである統合過程の重要性を指摘。. 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究: 著作者等: 中津 楢男 多鹿 秀継: 書名ヨミ: サンスウ モンダイ カイケツ ト テンイ オ ウナガス チシキ コウセイ ノ ケンキュウ: 出版元: 風間書房: 刊行年月:.

研究代表者:多鹿 秀継, 研究期間 (年度): –, 研究種目:基盤研究(c), 応募区分:一般, 研究分野:教育心理学 KAKEN — 研究課題をさがす | 算数問題解決と転移を促す知識構成に関する縦断的研究 (KAKENHI-PROJECT. と解決を支援する学習方略の開発. 多鹿,山本:算数文章題解決における転移効果 の問題解決者の意図によって,転移を意識的で努力の 必要な原理に基づく転移(「high-road転移」)と,自 動的で意識的な注意を必要としない転移(「low-road 転移」)とに区別した。勿論,学習や問題解決には,.

神戸親和女子大学学術リポジトリ: Kobe Shinwa Women&39;s University Academic Repository. 所属 (現在):神戸親和女子大学,発達教育学部,教授, 研究分野:教育心理学,教育工学,教育・社会系心理学,心理学,教育工学, キーワード:算数文章題,情報教育,算数問題解決,自己説明,縦断的研究,小学生,学習方略,算数文章題解決,メタ認知,転移, 研究課題数:23, 研究成果数:77, 継続中の課題. 412 税込&92;7,150 日本書籍総目録有 5.

愛知教育大学 本研究の目的は,算数問題解決を促進するためのディスカッション教育に関する教授・学習プログラムを開発することに関わる事象を明確にすることである。具体的には,算数問題解決を促進するためのディスカッション教育に関する教育目標ないしは授業目標を3点(①学習内容の. 算数問題解決と転移を促す知識構成に関する縦断的研究. 学習・教育 山本 豊(194. 8: ページ数: 164p: 大きさ: 22cm: ISBN:: NCID. 「多鹿秀継」で研究者検索.

1: 学習心理学の最先端 : 学びのしくみを科学する: 多鹿秀継 編著. pc080 批判的思考態度尺度の構成. 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 多鹿秀継 中津楢男/風間書房 /08出版 164p 22cm ISBN:NDC:375.

科学的根拠で示す学習意欲を高める1. 多鹿 秀継, 中津 楢男 Hidetsugu TAJIKA, Narao NAKATSU, 神戸親和女子大学大学院研究紀要/Bulletin of Kobe Shinwa Women&39;s University Graduate School of Literature,12,. 1-10 多鹿 秀継, 中津楢男, 加藤久恵, 藤谷智子, 堀田千絵, 野崎浩成. 8 形態: iii, iv, 164p ; 22cm 著者名:. 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 - 多鹿秀継 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. Affiliation (Current):神戸親和女子大学,発達教育学部,教授, Research Field:Educational psychology,Educational technology,教育・社会系心理学,Psychology,Educational technology, Keywords:算数文章題,情報教育,算数問題解決,自己説明,縦断的研究,小学生,学習方略,算数文章題解決,メタ認知,転移, of Research Projects:23, of. メイザーの学習と行動 ジェームズ・e.

ジマ. 8: 記憶の生涯発達心理学: 太田信夫, 多鹿秀継 編著: 北大路書房:. Amazonで秀継, 多鹿, 楢男, 中津の算数問題解決と転移を促す知識構成の研究。アマゾンならポイント還元本が多数。秀継, 多鹿, 楢男, 中津作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 算数問題解決と転移を促す知識構成の. 「算数問題解決と転移を促す知識構成の研究」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができる. 代表者 多鹿秀継 神戸親和女子大学 ・発達教育学部・教授 算数問題解決と転移を促す知識構成に関する縦断的研究 基盤研究(C).

算数問題解決と転移を促す知識構成の研究/多鹿 秀継/中津 楢男(哲学・思想・宗教・心理) - 子どもにとって、算数の割合文章題並びに転移問題を解決する知識の構成とはどのようなものであるのか。. 多鹿 秀継, 中津楢男. Amazonで秀継, 多鹿, 楢男, 中津の算数問題解決と転移を促す知識構成の研究。アマゾンならポイント還元本が多数。秀継, 多鹿, 楢男, 中津作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 5章 メタ認知方略を利用した算数問題解決と転移を促す知識の構成 6章 メタ認知方略を利用した知識構成の環境の開発 この商品は「 日本書籍総目録 」に掲載されています。. | 多鹿秀継の商品、最新情報が満載!. Amazon Advertising 商品の露出でお客様の関心と 反応を引き出す: Audible(オーディブル) 本は、聴こう。 最初の1冊は無料: アマゾン ウェブ サービス(AWS) クラウドコンピューティング サービス. 算数文章題解決 / コンピュータ利用 / 自己説明 / 小学5年生 / メタ認知 / 縦断的研究: 研究概要: 本年度は、算数問題解と転移を促す知識構成の縦断的研究の最初の年であり、小学校5年生を対象に研究を実施した。 1研究を始める前に予備調査を実施し、2学期. Online ISSN :Print ISSN :ISSN-L :.

多鹿秀継 | 商品一覧 | 本・雑誌・コミック | HMV&BOOKS online | 1972年神戸大学教育学部(教育心理学専攻)卒業。1976年京都大学大学院教育学. サンスウ モンダイ カイケツ ト テンイ オ ウナガス チシキ コウセイ ノ ケンキュウ. 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 定価:本体 6,500 円+税 子どもの算数問題解決と転移を促す知識構成を明確にし、かつ子どもの知識構成育成のためのメタ認知方略を組み込んだコンピュータ支援環境をまとめた好著。.

多鹿 秀継(19. 多鹿秀継, 南憲治 編著: あいり:. 具体的には,算数問題解決を促進するためのディスカッション教育に関する教育目標ないしは授業目標を3点(①学習内容の意味を自ら構成するためのディスカッション教育,②メタ認知や自己評価を育成するためのディスカッション教育,③問題解決の効果. pc061 算数問題解決と転移を促す知識の構成(4)(ポスター発表c,研究発表).

pc061 算数問題解決と転移を促す知識の構成(4)(ポスター発表c,研究発表) 元データ日本教育心理学会 著者. 多鹿 秀継, 中津楢男, 加藤久恵, 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 - 多鹿秀継 藤谷智子, 堀田千絵, 野崎浩成 神戸親和女子大学研究論叢年3月 Mathematical word problem solving in children engaged in computer-based metacognitive support: A longitudinal study. pc061 算数問題解決と転移を促す知識の構成(4)(ポスター発表c,研究発表) 多鹿 秀継 日本教育心理学会総会発表論文集 48(0), 246,.

算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 Format: Book Responsibility: 多鹿秀継, 中津楢男著 Language: Japanese Published: 東京 : 風間書房,. 教育心理学第2版 - より充実した学びのために - 多鹿秀継 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 多鹿秀継, 中津楢男著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 風間書房,. 著:多鹿 秀継 著:中津 楢男.

7: 算数問題解決と転移を促す知識構成の研究: 多鹿秀継, 中津楢男 著: 風間書房:. バリー・j. 辰野 千壽/著 自己調整学習の指導 : 学習スキル.

算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 - 多鹿秀継

email: dylosura@gmail.com - phone:(539) 217-3782 x 3701

志望校別かんぺきドリル 関東学院小学校 応用編 - 理英会出版 - 教育法規概説

-> 信じられない容姿(プロポーション)にホントになっちゃった - 藤本憲幸
-> ニューヨークビューティー・レッスン! - 高田みどり

算数問題解決と転移を促す知識構成の研究 - 多鹿秀継 - 嶺井正也 教育理論の継承と発展


Sitemap 1

4級 美術検定 速習ブック&練習問題 2012 - 「美術検定」実行委員会 - 三橋規宏 環境再生と情報技術